医療レーザー脱毛について

医療レーザー脱毛は、全国の医療機関で行えます。

レーザー機器を使った治療は、医師免許を持っている人のみが行うことができます。そのため、安全性が高く、安心して治療を受けることができます。痛みを多く感じた場合には、麻酔を使うこともできるため、痛みをあまり感じることなく治療できます。また、医療レーザー脱毛の治療後に、肌が炎症した場合にも、しっかりと対応してもらえ、皮膚科などの薬を処方してもらえます。医療レーザー脱毛は、レーザーが特定の色に吸収されるという特性を活かして脱毛をしています。

レーザーの種類は豊富であり、レーザーの波長ごとに特性が違います。波長が694nmのルビーレーザーや、波長が755nmのアレキサンドライトレーザー、波長が800nmのダイオードレーザー、波長が1064nmYAG(NdYAG)レーザーなどがあり、肌の質やレーザーの出力などが異なります。医療機関によって導入されているレーザーの種類が異なるため、通院する前に、しっかりと調べておく必要があります。

日本人の肌や毛の色を考慮して開発されたレーザー機器もあるため、非常に魅力的です。医療レーザー脱毛と、エステサロンで出来る光脱毛との大きな差は、出力にあります。医療レーザー脱毛の機器は、非常に強力であるため、効果的な脱毛をすることができます。また、エステサロンでは、長期的に効果のある脱毛行為を法律上は行ってはいけないため、注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *