Skip to content

お中元の予算とマナー

お中元の平均予算は5,000円程度です。一般的には親族等親しい人には3,000円から5,000円くらいのものを、勤め先の上司や取引先の担当者、特にお世話になった方等は5,000円から10,000円くらいのものを贈ることが多く見られます。非常にお世話になった方にあまりにも安価なものを用意してしまえば失礼にあたりますし、こちらが若く贈り先が年配者の場合あまり高いものを用意すると、返って気を遣わせてしまったりします。常識の範囲内で感謝の気持ちが伝わるものを用意すると良いでしょう。

お中元を贈る相手が決まったら、何を贈るのか考えましょう。贈る相手の好みや家族構成を考慮して品物を選びます。老夫婦でお住まいの方でしたら、夏場に食べやすく量が多すぎないものが良さそうです。働き盛りの上司や取引先の担当者でしたら、ビール等のアルコールやコーヒーも選択肢に入るでしょう。

小さいお子様がいる家族の場合は、ゼリーやジュース等家族一緒に食べられるものがよさそうです。感謝の気持ちを伝える贈り物ですので、贈り先への配慮が欠けたものは避けたいです。お中元を贈るマナーとして熨斗をかけるのが一般的です。紅白の蝶結びの水引をかけて、表書きの上部には御中元と書きましょう。

水引の下には送り主の名前を書きます。デパートの専用売り場や贈り物を扱うオンラインストアでは、注文の際に指定すれば、お中元専用の熨斗をかけてくれるところもありますので確認すると良いです。お中元のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です