Skip to content

お中元は上手に贈りたいものです

お中元を贈る際に気をつけなければならない点は、贈る時期やのし紙の選び方などさまざまあります。こうした従来からの慣習による情報は本のみならずウェブ上で調べることができます。ただ時代とともに贈り方は変化しており、先方へ訪問し手渡しするだけではなく、ネット通販を利用して届けてもらう形態が増加しています。ECサイトに出店する会社も、中元など慣習的な贈答品に対応しており、のしはもとより工夫を凝らしたラッピングにも応じてくれるため大変便利です。

ネット通販を利用してお中元を選ぶメリットは、さまざまな商品をその場で探せる点でしょう。市中のデパートへ足を運ぶ場合は、一般的にお中元コーナーが設けられ、限られた中から選ぶしか方法はありません。ネット通販ならば、先方の嗜好や贈る側の予算を比較検討しながら選ぶことが可能です。時間が掛からない手軽さもメリットのひとつです。

ただし、届ける時期は注文した会社に伝える必要があります。先方が留守かどうかではなく、一般的なお中元の時期かどうかです。あまりに早くても失礼ですし、遅くても同様です。自ら訪問しないため注文時に意思が上手に伝わらず、時期のズレが生じがちです。

地方により慣習は若干異なりますが、8月15日を期限とする地方が多いようですから、それまでには届くよう契約をします。また値段を含む明細が同梱されては、先方に失礼なのでその点の依頼も忘れてはいけません。住所変更がないかも重要なチェックポイントです。ネット通販の利用は時代に応じた贈り方であり、決して失礼な方法ではありません。

ただし、お世話になった方などへは別途お礼状を送付すると安心です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です