Skip to content

お中元を贈る際のマナー

目下や人から目上の人に贈ることが一般的であり、お世話になっていることに対する感謝の気持ちと、今後も末長くよろしくお願いしますという意味を持っているのがお中元です。会社の上司や取引相手など、ビジネス関係でお世話になっている人に贈ったり、恩師や家族、友人に贈るケースも珍しくありません。金額は三千円から五千円程度が相場となっていますが、相手との関係性や自分の社会的立場による違いもあるので、一概にいくらということはできないので気をつけましょう。注意して置かなくてはならない点の一つとして、お中元は基本的に毎年送ることになり、贈る年により金額を変えるのはマナー違反という点です。

忙しくてお中元を贈るタイミングを逃してしまったり、相手の都合に合わせることで遅れてしまうということもありますが、その際には暑中見舞いや残暑見舞いとして贈ればマナー違反にはなりません。注意点の一つとして、公務員や一部の民間企業の人にはお中元は贈ってはならないということも、頭に置いておくようにしましょう。利害関係にある相手から金品を受け取ってはならないと決まっているからであり、贈っても受け取ってもらうことはできず返送などで返って手間をかけ迷惑になってしまうこともあります。あらかじめ確認しておき、贈っても問題がない相手にのみ贈るようにしましょう。

刃物や履物、ハンカチを始めとしお中元にふさわしくない品物もあるので、品物選びも慎重に行う必要があります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です