Skip to content

お中元とはどのようなものか

お中元は、日頃お世話になっている方へ感謝の気持ちと、これからもよろしくお願いしますという気持ちを込めて、挨拶のために夏に贈るギフトです。1年の上半期の区切りとなる7月から8月の間に、目下の人から目上の人に贈るのが一般的なマナーとなります。お中元は、仕事での付き合いがある方や上司など、目上の方に贈るのが一般的です。仕事関係以外では、恩師や遠方に住んでいる家族、友人に贈るケースもあります。

結婚している方の場合はお互いの両親に贈るようになることも多いようです。しかし、公務員や一部の企業ではお中元が禁止されている場合もあります。利害関係者からお金や品物を受け取ってはいけないというルールがあるためです。贈っても受け取ってもらえずに、互いに気まずいということにならないために。

心配な場合はあらかじめ確認しておくことが大切です。お中元の時期は地域によって異なります。地域によって7月上旬から8月15日頃までと幅広いのが特徴です。期間が過ぎてしまうと残暑見舞いの扱いになってしまうため、相手が住んでいる地域の時期を調べて、失礼がないように贈るようにしましょう。

贈る物については食品や飲み物などが多い傾向にあります。予算については平均で5、000円前後のようです。一般的に家族や親戚には3、000円程度で、上司やお世話になった方は5、000円程度から10、000円となっています。大切なのは感謝の気持ちのため、無理をしない範囲で選んでみると良いでしょう。

お中元のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です