Skip to content

お中元が贈られるようになったのは

夏季の風物詩の感じがするお中元は、今ではこの時季のあいさつとして広く普及している行事であります。中元と呼ばれている道教で行事が始まりとされていて、わが国ならではの祖先を敬う気持ちとそのための風習が中元に加わりました。当初は親類や縁戚の者あてのお供え物として物を贈っていたのですが、江戸期に入ってからはお世話になった人への感謝の気持ちを形にした贈り物へと変化し、今に至ります。このような変化は贈る時期にも見られていて、はじめは毎年の7月初旬から7月の下旬であったものが、徐々にスタートが早まって6月の下旬には贈られるようになっています。

必ずしもこの期間だけに限っているわけではなく、何らかの都合から贈るタイミングを逃しても失礼には当たりません。例えば、立秋までならば表書きの記述を暑中御見舞いとすればよく、立秋を過ぎてしまったとしても表書きを残暑御見舞いとすれば相手に対しての失礼とはならないのです。表書きでは目上の人に対してであるのならば、御見舞いという表記は用いずに御伺いとすべきであります。基本的には毎年贈ったほうが良いのですが、お世話になった方への感謝の気持ちを込めて初めて贈るのであれば御礼と表すほうがよいです。

のし紙をお中元に付ける際には5本の紅白の蝶結びとして、個人で贈る場合は苗字のみとした方がよいです。本来はお供え物であったので、中に入れるものは食べ物が多い傾向がありますが、相手に喜ばれることを優先にするといった考えも定着していて、必ずしも食べ物にしなければならないということはありません。時季に合わせて夏を感じさせる食べ物や飲み物に人気があって、旬の食材やフルーツ、それらからできているスイーツを採用する人は多いです。また、清涼感のある麺類も定番のものであると言えます。

飲食以外のものでは、夏季のイベントや風習をかたどったお中元も、個性が感じられる粋なものとされます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です