Skip to content

お中元を贈る前に確認するべきマナー

お中元は7月から8月の時期にお世話になっている人に感謝の気持ちを込めて贈るものです。贈る相手は会社の上司や仕事関係でお世話になっている人、私生活でお世話になっている目上の人などが一般的です。しかし必ずしも贈る相手が決められているわけではなく、義理の両親や友人などに渡す事もあります。贈る時にはマナーがあるので、しっかり守って相手に渡した方が好印象を与えられます。

まず贈る時期ですが全国でだいたい7月から8月に時期が来ますが、地域によって少しずつ時期が異なります。そのため贈る相手が住んでいる地域に対応したタイミングで、品が届くように手配する方が良いです。予算は明確に決まっているわけではありませんが、友人や親族で3000円前後で仕事上の目上の人で5000円前後が一般的です。特にお世話になった人には10000円前後の予算を使う場合もあります。

しかしあまりに高額な品だと相手に気を使わせてしまうので、ある程度の金額内で抑えるのが一般的です。お中元を贈る時には熨斗をつけるのがマナーで、表書きには御中元と書いて下書きの方には送り主の名前を書きます。品物を購入した店によっては、熨斗をつけてくれる事もあるので、そうしたサービスを利用するのも良いです。お中元は贈る側ももらう側も喪中であっても、基本的に問題ありません。

それでも自分が贈る側の場合に相手が四十九日を過ぎていない状況の場合は、少し時期をずらして暑中見舞いで贈ると良いです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です