Skip to content

お中元を贈る時期は地域によって違うことに注意しよう

気温も高くなり夏が近づいてくると、そろそろ「お中元」の品物選びをしなくては、と考える方もいることでしょう。お中元は日頃お世話になっている方や近しい方などに、感謝の気持ちを伝えられる格好のツールですが、贈るのが初めてという方のなかには、「いつ贈ればいいのか」よく知らないという人もいるかもしれません。そもそも、贈る時期は全国共通なのではと思っている方も多いようですが、実は、地域によって異なっています。そこで日本の地域ごとにそれぞれの時期を見ていきたいと思います。

まずは「北海道」「東海」「関西」「中国」「四国」は、7月15日から8月15日までの旧盆の時期に贈るのが良いとされています。期間が1ヶ月ありますが、それを過ぎたら「残暑見舞い」として贈らなければなりませんので注意しましょう。次が「東北」および「関東」、この地域は期間が短くて7月のはじめから7月15日までですので、日時指定などを利用してこの期間からずれないようにしなければなりません。特にこの時期は配送も集中し混雑も予想されますので、早めの準備が必要だと言えるでしょう。

そして「北陸」は地域によって7月のところと8月に贈るところとがありますので、事前に調べておく必要があります。「九州」は8月1日から15日までとなっていて、東北・関東と比べると1ヶ月も後なのが分かります。さらに「沖縄」に関しては注意が必要で、「旧暦」の7月15日までに贈るのがマナーのようです。つまりその年によって時期が変わってきます。

このように、日本各地でこれだけお中元を贈る時期が異なる事がわかります。加えて全国的にみると、やや前倒し傾向が見られるようですので、良く分かりにくい場合は販売店やギフトショップなどに聞いてみると良いでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です