Skip to content

お中元はどのようにして始まったのか

現在では当たり前のように行われているお中元ですが、なぜこのような贈答儀礼が行われるようになったのでしょうか。その流れについて説明します。その昔日本の一年は春と秋の二つの季節にしか分けられていませんでした。その二つに分けた前半の始まりが正月で、後半の始まりが盆なのです。

どちらにも固有の祖霊信仰の祭りがあったのですが、正月は歳神という形で祖霊を迎えるのに対し、盆は生御霊として別な形で扱われるようになったとされています。ここに中国の思想が混入してきます。中国の道教における神の三官大帝は竜王の孫の三兄弟とされ、長男は一月十五日生まれで上元一品の位を持ち、次男は七月十五日生まれで中元二品の位、三男は十月十五日生まれで下元三品の位でした。この三人のうち次男は人間の罪を許すことが仕事で、そこで人々はその誕生日である七月十五日に中元二品の次男の廟を訪れて、罪の許しを願いました。

もともと日本には親戚や隣近所との間で霊前に供える供物をやり取りする盆礼という習慣があったのですが、これが中元の供物と融合して現在のような贈り物のやり取りとなったとされています。この盆礼にはそうめんやうどん、菓子、果物、コメといった食品が用いられていたようで、これは現在のお中元とあまり変わらない品ぞろえといえます。お中元の文化が広がった江戸期には、商取引の決算期である盆と大みそかに商家が顧客に感謝の品を贈り、それが次第に一般に広がったともいわれています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です