Skip to content

正しいお中元の贈り方を知る

人になにかを贈るという習慣は、この日本でもかなり昔からありました。小さい子どもなどはお誕生日のプレゼントなどを必死に考えて用意したものです。また、学校を卒業して社会人になってからも人になにかを贈るという行為はそのまま継続します。一番身近なのはお中元やお歳暮などではないでしょうか。

これは社会人になれば多く経験することです。しかし、若い人たちの中にはその意味やルール、マナーなどをきちんと理解している人は少ないのが実状でしょう。まず、お中元というものは道教の習俗から成り立ったもので、中元という時期は旧暦の7月15日、新暦では8月17日とされています。そして、どうしてこの中元の時期に贈り物をするようになったのかと言えば、それは江戸時代に起因するのです。

この時期は普段からお世話になっている人に会いに行く機会が多いことから、お世話になっている人へ感謝の意を込めて贈り物をするようになったとされています。これがお中元のだいたいの意味です。それではお中元のルールやマナーなどについてですが、贈り物をする時期というのは関東地方と関西地方とでは若干異なります。関東では7月上旬から中旬にかけて贈りますが、関西では8月初旬から中旬にかけて贈る習わしになっているのです。

それから今はネット時代ですから、ネットショッピングなどで購入してそのまま贈ることが一般的になりつつありますが、本来は贈り物を持参して挨拶に出向くことが正式な習慣になります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です