Skip to content

お中元を贈る時は相手の都合も考える

お中元を選ぶとき、自分の好みや惹かれたものを選んでしまいがちですが、贈られる側のことも考えて選ぶようにすると良いです。たくさんの家族と暮らしているような人であれば大容量のお菓子や食べ物をもらっても消費できるので嬉しいですが、少人数で暮らしているような人であれば、量より質で選んで欲しいとも思うものです。また、あまり家におらず良く旅行に出かける人や出張ばかり出かけているような人であれば、多少受け取りが遅くなっても品質が変わらない乾燥物や消費期限が長いものが良いでしょう。生ものなどのお中元も最近は冷凍で発送されることが多いですが、いつまでも受け取り出来ないと不安なので、やはり腐らないものが好ましいです。

しばらく開封しなくても問題ないものを中元に鰓みましょう。そしてまだ小さな子供がいるような家庭であれば、大人の好むものよりも子供の好むものを選んだほうが喜ばれるということもあります。お中元は高齢の人や年配の人が利用することが多いので、そうした中高年が好むものが置かれていることも多いですが、果物やゼリーといったものであれば、大人から子供まで楽しむことができます。どのような人を対象にして食べてもらうのかを考えると、食べ物を選ぶときも楽になるでしょう。

果物や高級ゼリーは自分ではめったに買わない、高くて買えないという家庭も多いので、産地直送のものやこだわりのものを送ることができればありがたがられます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です