今はやりのWEB会議は結局どれがいいのか比較

わざわざ交通費をかけて出張して会議をする必要もないが、会議をしなくてはならないような場合に、WEB会議は有効です。その場にいかなくても、ネットワーク環境がしっかりあればパソコンの前にいれば遠方の人と会議が出来ますので、大変便利です。そのWEB会議はどのサービスをどういった基準で選べばいいのでしょうか。3つの視点が大切です。

それはまず「料金」の比較、そして「機能」の比較、最後に「サポート面」の比較です。最近のWEB会議では基本的な機能である電話会議機能やファイル共有、デスクトップ共有、録画機能、チャット機能などはあります。料金面を重視するならば、プレミアムコンファレシングのREADY CASTというWEB会議がおすすめです。こちらは気軽に導入したい場合に適切なサービスで、しっかりとしたサポートも行って頂けます。

ある程度、規模の大きい会議を行いたい場合は、機能面が充実しているシスコシテムズのWEbEXがよいです。多少費用はかかりますが、大人数でも安定した会議を行うことができます。会議を頻繁にするけれども費用を押さえたい場合、ブイキュームのV-cubeがおすすめです。こちらは複数IDを登録しなくてもIDを一つ契約するだけで、複数人の利用が可能になります。

このようにWEB会議と一言でいっても用途や利用の条件にあわせて選択する必要があります。単にシェアが高いサービスが適切だとは限りませんので、3つの視点で選択しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする