WEB会議とテレビ会議の比較について

WEB会議は、必要な関係資料やソフトのシェアをしながら音やチャットなどを通してコンタクトをとることできるシステムということを指します。 こちらのシステムを活用することで、距離のある場所でも共同で必要な作業ができるアドバンテージがあります。テレビ会議と間違えることがよくありますが、 まず第一に、大きく違うところはその目的と言えます。 比較してみれば、WEB会議の主だった目的は、必要な関係資料やデータ―そのもののシェアです。

距離のある場所で併せてデータ―そのものをインプットしたり、改善する必要がある時などに活用します。 それと比較してテレビ会議は、映像を活用して互いの表情などを目にしながら会議することで、対面における会議に似た状況を再現することを目的として活用されます。 加えて、システムを築き上げるための必須の器材にも相違があり、WEB会議は販売されているWEBカメラおよびヘッドセットを繋ぎ、専門のソフトをセッティングするだけ実践出来ます。 最小限度の関係資料のシェアが目的でならば、ソフトウェアのみでも可能です。

ネット回線さえあるならば個人用のPCで構成出来るので、場所にも決まりがありません。 テレビ会議は、顔などを見ることができるよう、画像が高レベルも画質であることが求められることから、専門の器材と回線が必要不可欠です。 その上、会議室など場所が決まっていることがよくありますのでWEB会議と比較してWEB会議のほうが、利便性があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする