ビジネスフォンはクラウド型がおすすめ

新しく会社を設立したり、個人事業主として起業したり、事務所を増設する場合、仕事を円滑に行うために必要不可欠なツールの一つになると言っても過言ではないのが、ビジネスフォンです。特に初めて会社を設立したり、個人事業主として新規に活動を開始する場合、個人の携帯電話番号と代表番号とするケースも見受けられますが、090や080から始まる電話番号が代表番号の場合、取引先の信用が得にくいなどの問題があります。一方でビジネスフォンは導入に多額のコストが掛かりますし、固定電話として利用することとなるので、事務所にいないときには電話を受けることができないなど、使い勝手がいまいちです。もしもこれから合理的にビジネスフォンを導入したいと考えている場合には、クラウド型のビジネスフォンの導入がおすすめです。

クラウド型のサービスの場合、配線などは不要でネットワークを利用して管理や保守を行うため、面倒な配線工事や高額な専用端末の購入などは不要で、短期間で導入できるなど、数多くのメリットがあります。マルチデバイス対応となっていて、スマートフォンやタブレット端末に専用のアプリをインストールすることで、現在使っているスマートフォンをそのまま会社の電話として利用できるので、テレワークが増えた今日の社会情勢においてもマッチしているサービスと考えられます。もちろん新しく会社の代表番号となる固定電話用の電話番号も取得できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする